世界最高峰の身体理論

生理学・解剖学・運動科学 脳科学・バイオメカニクス 神経生理学・生命科学 身体構造学・東洋医学 身体物理学・認知心理学などを 統合した多角的視野の理論と 技術、知識が手に入ります。また、この技術を最大化させる 臨床感覚スキルを学べるのも 大きな特徴の一つです。

領域

身体運動には、個体レベルで見れば、内臓の働きから走る、跳ぶ、投げるなどの運動がある。日常生活の動作から健康体力づくりの運動、 競技スポーツなど様々な運動があり、これら全ての運動が「力学の法則」に則っている。

ボディーコアメカニクスでは、日常生活やスポーツにおける様々な動作や症状を取り上げ、障害の状態や脳、心、身体の連動を見極め、身体の本質的な仕組みを明らかにするとともに、問題点を見つけ出し、その改善策を研究するものである。

用語

定義

  • 脳、心、身体にまつわる本質の原理原則
  • 身体の本質を「設定」「軸」「ネットワーク」と捉え、臨床にまで落とし込んだ方程式
  • 脳科学、心理学、身体の構造や機能、生理学、解剖学などの知識を統合する学問
  • 力学的知識

ボディコアメカニクスを構成するもの

Kinematics&動力学(動作学&動力学):動き、フォームに重点&りからの作用、反作用に重点

  • Cognitive science(認知科学):人の認知や認識の成り立ちに重点
  • Energetics(エネルギー学):エネルギーの発生、伝達に重点
  • Centroid(重心学):重心位置・重心が及ぼす影響に重点
  • Physiology(生理学):身体の生理的現象の成り立ちに重点(神経生理学、脳生理学を含む)
  • Anatomy(解剖学):身体の構成に重点(機能解剖学、生体力学を含む)
  • Oriental Medicine(東洋医学):経絡や反射点、気の流れに重点

基礎と応用

ボディーメカニクスは「why」の疑問に挑戦する科学であるが、その成果が様々な分野で応用できるか「How」に役立つことも多い実践学である。

ボディコアメカニクスの視点

「身体と会話する」究極のスキル

ALTURA 身体アルゴリズム学の構成

ボディコアメカニクスを学ぶ前に

  • スポーツ・バイオメカニクスを学ぶこと
  • 運動力学、認知科学、内臓の仕組み、生理学、解剖学、プログラミングの把握が必要となる
  • ボディーコアメカニクスでは、身体の連動を方程式化、図式化させて表したものである。
PAGE TOP